クラスター発生のお知らせとお詫び

先日、公演を終了した「貧民窟サバイバル」出演者、スタッフ陣に、大部分が新型コロナに感染するというクラスターが発生してしまいました。全ての片付け作業が終了した後で続々と報告を受けたため、告知が遅くなったことをお詫び致します。メンバー、スタッフは1ヶ月近い期間をともに過ごしておりましたが、稽古期間中には感染を疑うような不調の訴えが出てないため、公演中にお客様を巻き込んだウイルスの拡散があった可能性が濃厚です。

なので今回公演をご覧頂いたお客様に、コロナを疑うような体調の変化がないかおたずねする運びとなりました。公演後、体調を崩したお客様、感染が確認されたお客様、申し出てて頂きたいと思います。

当劇団の作風は「より近い距離での大声」など、感染予防上好ましくないものであると自覚しておりましたが、ゴキブリコンビナートの名の下にやるからには妥協するわけにも行かず、コロナ前と同様の活動を続けておりましたが、ついにこのような事態の発生となってしまいました。

今後作風を根本から変えるか、活動を中止してコロナの終息を待つか、検討しなくてはいけないと思っております。このような事態を発生させてしまったことは誠に申し訳ありませんでした。

観劇頂いたお客様につきましては、ご報告のほど、よろしくお願い申し上げます。